共有する

会議室

多くの企業が業務の効率化をはかり、さらに仕事をやりやすくするためにファイルサーバを利用しています。
ファイルサーバというのは、企業内で同じファイルやデータを扱う際に共有して管理できるようにするために利用するデータを保存しておくサーバです。
このサーバを使うことで、地方に作られている支局などでも同じファイルを見ることが出来て、作業の効率がとても良くなります。
こうした方法でサーバを共有する中で、インターネットを介してアクセスするサーバのことをクラウドシステムといいいます。
クラウドは雲という意味の単語です。その意味と同じように、実際にはインターネット上にあるサーバのことをクラウドと呼ぶようになりました。

今まで企業内での共有ファイルサーバとして使われていたのはイントラネットと言われ、オフィス内にあるローカルネットワーク環境のみで接続して使われていました。
しかし、この方法ではオフィス単位でしかファイルやデータを共有することが出来ず、地方にある支局との連携作業において効率が悪くなっていました。
そこで最近になって多くの企業が利用するようになったのがクラウド型の共有ファイルサーバです。

しかし、今までそうした方法を取ってこなかった企業の場合、どうやってその仕組を構築していいかわからないといった企業も少なくありません。
ですから、そうした企業がクラウドの共有ファイルサーバを利用する場合には、それ専門の業者を利用することがほとんどです。
共有ファイルサーバのクラウドシステムをサービスとして提供している業者では、バックアップファイルを自動で生成してくれるところもあります。

ファイルの共有ではバックアップを取ることは必ず行わなければいけないことです。
ですから、まだ共有ファイルサーバの使い方が分かっていない企業の場合にはそうしたバックアップのサービスを提供しているところを利用するようにしましょう。
そうすることで安全に作業効率を上げることが出来ます。

アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

2014年12月
     
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
    クレーム

    容量が大きい

    多くのデータを全てクラウド式のファイルサーバで管理するようになっている企業が増えています。そうした企業でもファ...

    Readmore
    残業

    レンタル料金

    クラウド式のファイルサーバをレンタルする料金は非常に安くなっています。レンタル料金は業者によっても異なりますが...

    Readmore
    ミーティング

    データが無くなる

    ファイルサーバを共有することで作業効率を上げ、さらに業務の量を向上させる事が出来ます。しかし、その際に気をつけ...

    Readmore
    職場

    コストを抑えられる

    ファイルサーバを利用するのには作業効率を上げる以外にもコストを抑えることが出来るといったメリットがあります。多...

    Readmore
    ノートパソコン

    セキュリティーも

    ファイルサーバを利用する際にクラウド型でインターネット回線を介するのであれば気をつけなければいけないことがあり...

    Readmore